電子マネー 比較 申込 e-money Japan > Suica(スイカ) > モバイルSuica > チャージ > モバイルSuicaに銀行口座からチャージする方法

モバイルSuicaに銀行口座からチャージする方法


みずほ銀行・三井住友銀行・三菱東京UFJ銀行の銀行口座を持ち、かつモバイルバンキングの契約をしている方は、携帯電話上の操作で銀行口座からモバイルSuicaにチャージができます。

EASYモバイルSuica会員も利用可能です。

1回のチャージ額は、1000円単位で10000円まで指定でき、チャージ上限額は、携帯電話機内の残額とあわせて20000円です。

利用可能時間は4:00〜翌日2:00の間、かつ各銀行のモバイルバンキングを利用できる時間帯です。(Suicaのホームページで確認してください

携帯電話の電波が届く場所で操作をしてください。

利用の際、通信料と、各銀行に対して「モバイルバンキングのご利用に伴う手数料」がかかります。

銀行チャージサービスの比較

  利用条件 手数料 備考
みずほ銀行 みずほ銀行の口座を保有し、「みずほダイレクト」の契約をしている 105円 みずほマイレージクラブの振込手数料優遇適用会員は無料
三井住友銀行 三井住友銀行の口座を保有し、「One'sダイレクト」の契約をしている 105円 「One's plus」の蓄積ポイントを使用して無料にできる
三菱東京UFJ銀行 三菱東京UFJ銀行の口座を保有し、「三菱東京UFJダイレクト」の契約をしている 52円 会員優遇サービスなし

 

銀行チャージの方法

  1. モバイルSuicaアプリ起動し、トップメニューから「SF(電子マネー)」を選択
  2. Suicaパスワードを入力し、ログイン
  3. 「入金(チャージ)」を選択
  4. 入金(チャージ)額を入力
  5. 入金額を確認後、「入金する(銀行口座)」を選択
  6. 自分の口座がある銀行を選択
  7. 各銀行のサイトへアクセスする
  8. 各銀行のモバイルバンキング画面に移動後、ログインする。(お客さま番号、暗証番号の入力)
  9. 口座からの引き落とし内容を確認したら、「実行」を選択
  10. モバイルSuicaアプリの画面(「Suicaポケット内容確認」)にもどる
  11. 銀行から引き落とし済みのチャージ額(受け取り可能な金額)を確認し、「入金(チャージ)」を選択 *
  12. 20〜60秒間の処理時間を待つと、チャージ完了

* 銀行口座からの資金移動後、すぐにモバイルSuicaにチャージせずに、システム上に一時的に保管させることができます。この仕組みを「Suicaポケット」と呼びます。「Suicaポケット」は、銀行チャージでの口座からの資金移動金額の他、「モバイル*サンクスチャージ」などの受け皿としても機能します。

Suicaポケット内の受け取り可能な金額の確認方法

銀行口座からの資金移動後、処理エラーなどですぐに入金(チャージ)しなかった場合は、Suicaポケット内に一時的に資金移動された金額が保管されます。以下の方法で、受け取り手続きが済んでいないサービスが確認できます。

  1. モバイルSuicaアプリ起動し、トップメニューから「SF(電子マネー)」を選択
  2. 「Suicaポケット一覧」を選択
  3. 受け取り手続きが済んでいないサービスがある場合は、画面に表示される

銀行チャージの注意点

  • 銀行口座から資金移動された金額を、再度銀行口座へ戻すことはできません。
  • 銀行口座からの資金移動途中でエラーが発生した場合は、必ず「Suicaポケット一覧」で、資金移動処理の「完了/未完了」を確認してください。
  • 銀行からの資金移動後、処理エラーなどですぐにチャージしなかった場合は、「Suicaポケット一覧」を確認し、1年以内に入金を完了させてください。
  • モバイルSuicaサービス提供時間(4:00〜翌日2:00)内でも、各銀行のモバイルバンキングの営業時間外のために、利用できない場合があります。
  • 利用の際、通信料と、各銀行に対して「モバイルバンキングのご利用に伴う手数料」がかかります。

 

ページトップへ

電子マネー 比較 申込 e-money Japan > Suica(スイカ) > モバイルSuica > チャージ > モバイルSuicaに銀行口座からチャージする方法

inserted by FC2 system