電子マネー 比較 申込 e-money Japan > 電子マネー コラム・情報一覧 > JR東日本と提携関係にあったJALの立場と、今後の電子マネーの勢力図 ANAとJR東日本が提携 「ANAスイカビューカード」誕生へ (4)

JR東日本と提携関係にあったJALの立場と、今後の電子マネーの勢力図
ANAとJR東日本が提携 「ANAスイカビューカード」誕生へ (4)

 

正式発表に基づいた考察は、「ANAとJR東日本が提携を正式発表 「ANA Suica カード」来秋発行」をご覧ください。

日本経済新聞2007年11月29日朝刊1面によると、全日本空輸(ANA)とJR東日本はカード事業や旅行商品開発などで包括提携することで合意したそうです。

提携の目玉は、やはりカード事業の提携。2008年夏をメドにJR東日本の「ビューカード」ANAの「ANAカード」、JR東日本の電子マネー「Suica(スイカ)」の3機能を搭載した一体型「ANAスイカビューカード」(仮称)を発行するそうです。

 

前回は、電子マネーEdyの扱いについて考えました。

JR東日本と提携関係にあったJALの立場は?

JALは、今回のニュースは寝耳に水だったのでしょうか。

いままで、JALとANAは、提携会社の陣取り合戦をしてきました。JALはJR東日本と提携し、「JALカードSuica」を発行しています。

電子マネーでは、ANAはEdy、JALはSuicaと別れていましたが、今回の提携により、Suicaはニュートラルのポジションになりそうです。

JALは、AEONと提携して、2008年3月をめどに、WAON機能を搭載したJALマイレージバンクカード「JMB WAON」を発行します。

イオンとJALが電子マネーで提携 WAON(ワオン)利用でJALのマイルがたまる!」参照

Edyと比べるとWAONは見劣りします。

JALの対抗策はあるのでしょうか。期待したいです。

 

今後の電子マネーの勢力図について

個人的には、EdyとSuica連合(PASMO)、nanacoが電子マネー規格の軸になると思っており、今回のANAとJR東日本の提携は、インパクトのあるものでした。

今回の提携により、即、EdyとSuicaが提携関係になるわけではありません。

ANAは、Edyを運営するビットワレットの株主で、電子マネー「Edy」の普及に努めてきました。そのANAが、Suicaを搭載したカードを発行するわけですから、長期的にみると、EdyとSuicaが提携するかも、なんて考えてしまいます。

今後の展開に注視したいです。

 

なお、今回の記事は個人的な見解に基づいたもので、正式な情報に基づいたものではありません。

12月初めには両社が基本合意契約を結び、正式発表するそうです。正式発表があってから、また記事にしたいとおもいます。

 

 >  >  > 4

 

2007年11月29日

 

ページトップへ

電子マネー 比較 申込 e-money Japan > 電子マネー コラム・情報一覧 > JR東日本と提携関係にあったJALの立場と、今後の電子マネーの勢力図 ANAとJR東日本が提携 「ANAスイカビューカード」誕生へ (4)

inserted by FC2 system