電子マネー 比較 申込 e-money Japan > 電子マネー コラム・情報一覧 > 電子マネー普及の背景

電子マネー普及の背景

電子マネーが日本で普及した理由と、普及が遅れた原因について取り上げる。

電子マネーの普及の理由

近年、急速に利用者が拡大している電子マネー。銀行窓口、口座振替、コンビニなどでの現金での支払い、クレジットカードによる決済とは異なり、電子マネーは「手軽、お釣りがない、いつでも利用できる」などその便利さから普及してきた。また電子マネーが利用者に身近になってきたと同時に、電子マネー機能を搭載したクレジットカード、携帯電話(おサイフケータイ)などの登場が普及に拍車をかけた。2006年にはクイックペイとスイカ、クイックペイとエディ、2007年にはスイカ、エディ、クイックペイ、iD複数の電子マネーに対応した共用端末の設置が始まり、利用場所の広範囲化、設置店の増加など、電子マネーの環境が変化したのも大きな要因の一つ。さらに、ANA(全日空)やJAL(日本航空)などの国内航空会社がマイレージサービスと電子マネーのポイントの交換が可能になったことや、様々なポイントキャンペーン、特典などを各社が実施したことが電子マネーの普及に貢献したと言える。

電子マネーの普及が遅れた原因

日本では2001年からEdy(エディ)の正式サービスを開始したが2004年、Suicaのサービス開始までは、電子マネーの普及が遅れたというのが実情だった。普及が遅れた主な要因として、利用場所が限られていた、端末機の設置場所が少ない、共用端末機の開発が遅れたことなどが、普及が遅れた要因である。

電子マネーとは

 

ページトップへ

電子マネー 比較 申込 e-money Japan > 電子マネー コラム・情報一覧 > 電子マネー普及の背景

inserted by FC2 system